株式会社アクティブエナジー

西野光泰 公式ブログ 工事人ときどき社長

2018年9月20日 | 

きくらげ、栽培実験スタート

きくらげの栽培実験スタートさせました。

前々から栽培計画がありましたが、やっとこさ実行です。

 

地元の菌床シイタケ園の社長にお願いしていた菌床が出来上がりました。

「まずはやってみる!!!」

と言う訳で、実験開始。

約600菌床でスタート。

300菌床はシェアリングハウス内で栽培実験。

残り300菌床は原木シイタケの目出し室にて設置完了いたしました。

ここに至るまで様々な方の、ご縁とご協力がありました。

本当に感謝です。

 

まずは実績作り。 頑張ります。

2018年9月2日 | 

納涼祭

8月25日、本社駐車場にて、毎年恒例の「納涼祭」を開催しました。

普段からお世話になっております地域の皆様へ、日頃の感謝を込めて。

大きな事はできないが、アクティブ従業員が総出をあげて、年に一度のおもてなし。地域還元感謝祭です。

ささやかで御座いますが、地域の皆様に少しでも喜んで頂ければと、アクティブの皆で企画から準備いたしました

ジュース・フランクフルト・ポップコーン

焼きそば・かき氷

射的・くじ引き

おもちゃ釣り・和創のお野菜販売。

これまで頑張ってこれたのも本当に地域皆様のおかげです。

当日は、なんと166名の皆さまがご来場くださいました。

地域の皆さん、お子様をはじめ、社員家族も来てくださり、感謝です。

そしてアクティブエナジーの皆、ありがとう。

みんなで楽しみながら、担当持ち場の対応してくれる姿を見て・・・。感謝です。

これからも頑張っていこうと、パワーをもらった時間でした。

2018年8月21日 | 

東吉野 内緒のBBQ場

身内でBBQに行ってきました。

私が内緒にしている素晴らしいBBQ場所。

トイレが近くにあり、車も止められ、人がいない。

川も浅い所・深い所の両方が存在するベストBBQ場なのです。

男なら一度はやりたい、魚の串焼き!

石でかまどを作り、最高の備長炭で火おこし完了。

到着まえに買っておいたアユ(友釣り用の餌)を串(割りばししかなかった)に差し、いざスタート!

う、うーーーんん。 なかなか焼けない・・・。

空いているスペースがもったいないので、サンマも焼く事に・・・。

でも焼けない。串の角度を鋭角に・・・・。

途中で網焼きでは??と議論するが・・網には着いていなーーーい。串焼きだ。

上から見たら網焼きだ(笑)

どちらにしろ美味しくいただきました。

 

 

うっ・・・?空の具合が・・・??  やはり来た、雨だ・・。

最近、外で遊べば雨が多い・・・。運気が・・・??

しかし10分後、出ました!!谷間にダブル虹・・・。

いい事が起こりそうな予感?と思い帰路に着くが・・・・

また虹が・・・

これは運気上昇確定か???と思い、針インターでお土産を買おうとしたその時・・・。

またダブル虹が・・・・・。

ここまでくるとさすがに怖い・・・。

さーー。どうなる西野???

2018年8月4日 | 

ソーラーシェアリング IN 静岡

私が普段から参考にさせて頂いている素晴らしい会社様。

ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)のリーディングカンパニ―「株式会社スマートブルー」さん。

(ソーラーシェアリングとは、農地に支柱を立てて上部空間に太陽光発電設備を設置し、農業と発電事業を同時に行うことを言います。)

 

今回は、「株式会社スマートブルー」さんの自社営農型太陽光発電設備のお披露目会に参加させて頂きました。

浜松駅を降りてトポトポと・・・。

うーーん。。。 あれは???

ありました・・・。

で・で・でかい・・・・。

 

ここまでしっかりとした形にされるまでに、多くのご苦労があった事と推察いたします。感動いたしました。

細部にわたるこだわり・・・。農業目線の施設作り・・・。

そして栽培作業効率を見据えた管理体制。

もちろん、メディアの方も沢山来園されておられました。

さすがです。 またまた勉強させて頂きました。

塩原社長・荒木専務  お土産有難う御座いました。

次回はゆっくり参ります。

 

帰路の途中、静岡の広い田んぼを見ながら歩きました。やはり気になる田園設備。

静岡の田んぼには水栓コックがあるんだ。 いいですね。田植えの時に楽ですね。

 

ちなみに、昼食は静岡県内にしかないファミレス「炭火焼レストランさわやか」へ!

静岡県民のソールフード、牛肉100%の「げんこつハンバーグ」は、やはりうまし・・・。

2018年7月25日 | 

ソーラーシェアリングハウス(仮)②組み立て

今回は和創敷地にて、間口8m×奥行20m の単棟160㎡の試作架台です。

今後の本格導入架台は連棟にする予定ですが、試作架台と言う事もあり最大級の設計で単棟試験架台として試作いたしました。

 

とりあえずは杭打ち終了・・・・・。

次は部材を間配りして・・・

次は柱を・・・スチール製樋を・・・・・更にその上に・・・・・。

見て下さい・・・。この部品点数・・・。

細部までこだわって部品設計、選択した結果・・・・。自分でも何処にどの部品が????

今回はオールスチール溶融メッキ使用で設計しただけに・・・ひとつひとつが重い・・・。

しかし、強度においてはアルミ素材をはるかに凌駕する・・・・。

ハウスとしての利用を考えると、強度は絶対的な安心感にはかえがたい・・・。

施工性においては改善の余地は残るが、今のところ順調だ・・・・。

 

次回に続く・・・。

123